新着ゲーム関連記事

トレンドタイムライン

速報

SIEのローカライズ責任者に『クラッシュ・バンディクー』や『ラチェット&クランク』など多数のローカライズに携わった長谷川亮一氏が就任

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)にてローカライズ・プロデューサーを務めていた石立大介氏は8月23日、同社を退職していたことを発表した。これを受けてSIEインディーズ イニシアチブ代表の吉田修平氏は、長谷川亮一氏がその後継者に抜擢されたことを明らかにしている。

長谷川亮一氏は、1998年から2007年までソニー・コンピュータエンタテインメント(現SIE)に在籍。『クラッシュ・バンディクー』や『スパイロ・ザ・ドラゴン』『ラチェット&クランク』など多数のローカライズに携わった。その後セガやDeNAなどを経て、2014年から今年2月まではRiot Gamesにてローカライズ業務に従事。『League of Legends』や『VALORANT』などの日本版を手がけた経歴をもつ。そして今回、14年ぶりにSIEに復帰することとなる。

長谷川氏の役職は、プレイステーションスタジオ インターナショナルプロダクション&ローカライゼーション課エグゼクティブプロデューサーとのこと。海外スタジオで開発されたタイトルのローカライズをおこなうほか、プロデューサーとして予算やスケジュール管理、国内外の他部署との連携など、さまざまな業務を担当することになるという。

以下、長谷川亮一氏のTwitterより

まとめポータル

<みんなに読まれた記事>

合わせて読みたい

-速報

© 2021 PS5速報:プレステ関連まとめサイト